行事・おしらせ

トップページ > 行事・おしらせ

行事・おしらせ


01月07日(土)
2017年が皆様にとって良き一年となりますように
修正会の三日間、旧年の悪を懺悔し正すともに、新しい年を迎えられたことに感謝し、
新年が良い年でありますよう、人々が幸せに過ごせますように、仏の教えが多くの人に広まり、
この先もずっと続いていくようにと祈願し大般若経を転読いたしました。

転読とは経本の端と端を持ち空中で扇を開くように広げて読む方法で、多くの僧侶が一斉に
転読を行うとお堂の中にまるで大きな鳥が羽ばたくように風が起き壮観です。

修正会の三日間念じ続けた心が込められたお札を「般若札」といいます。
こちらは修正会が無事に終わると南禅寺方丈庭園拝観受付でお求めいただけ、
皆様の一年をお守りいたします。

12月28日(水)
年末年始の行事について
■拝観停止 12月28日~12月31日(4日間)
※境内は散策可能です。
■除夜の鐘 12月31日 23時30分から鐘楼堂に於いて 
※整理券が必要です。
■修正会・大般若転読 1月1日~1月3日(3日間)8時から法堂に於いて
※当日は法堂の扉がすべて開かれ、外からではございますが、法要の様子を見ていただくことが可能です。


12月10日(土)
拝観時間の変更と年末年始の拝観について
12月1日から2月末までの拝観時間は下記の通りです。
■8:40~16:30(最終受付は拝観終了時間の20分前までです。)

年末年始の拝観について
■年末の12月28日、29日、30日、31日の4日間は拝観を停止します。
年始は1月1日から拝観できます。
拝観停止期間中も境内の散策は可能ですので、水路閣は通常通りご覧いただけます。

暁天座禅について
■12月第四日曜日、1月第二日曜日は休会です。

04月30日(木)
水路閣の御朱印帳が出来上がりました。

御朱印帳の文字は「利益衆生(りやくしゅじょう)」
印は「開基廟堂南禅院(かいきびょうどうなんぜんいん)」
と書かれています。
水路閣のアーチをくぐり抜けると南禅院が見えて
きます。南禅寺の始まりの場所であり、開基である
亀山法皇の御廟がある場所です。
「利益衆生」とは人々を迷い苦しみから救い、世のため
人のために尽くすと誓われた亀山法皇のお心を表しております。

08月31日(日)
方丈庭園の拝観がキャッシュレスに!
より多くのお客様が南禅寺にお越しいただけるように、南禅寺方丈庭園で、クレジットカード・電子マネー・交通系ICカードがご使用できるようになりました。

03月28日(月)
東日本大震災被災の皆さまへ
東日本大震災被災の皆さまに心からお見舞を申し上げます。
このたびの震災は明治時代以降、日本の観測史上最大規模の地震であると報道されています。
これによって尊い生命を失った皆さまの御冥福を衷心よりお悔やみ申し上げます。
また住まいが倒壊してしまった皆さま、津波で生活の全てを失った皆さまに、心からお見舞申し上げます。海外からの「被災された人々の秩序ある行動や、冷静で思慮ある対応に日本人の素晴らしさを感じた。」との報道を見聞きし、私たちも将来を生きぬく勇気と、日本人としての誇りを感じております。どうかこの苦しみ悲しみを乗り切られるよう心からお祈り申し上げます。 
 また南禅寺では被災義捐の募金をしておりますので、御参拝の際にはご協力下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

平成23年3月15日          
臨済宗南禅寺派 大本山南禅寺

01月14日(木)
団体坐禅のお申し込みについて
団体坐禅のお申し込みが南禅寺ではなく南禅寺禅センターに変わりました。
坐禅の料金も一部変更がございます。詳しくは坐禅会・写経会のページをご覧下さい。